UCオイルはリサイクルの優等生

国内食用油の年間消費量は約234万tで、UCオイル(廃食用油)の年間発生量は全体で約52~54万tと推定されます。このうち、外食産業・食品産業などの事業系から排出されるものは、長きにわたって殆どが回収され、再生工場で精製・調整され、各用途に利用され、資源のリサイクルに大きく貢献しております。

事業系から発生したUCオイルの用途(仕向け先)として、飼料用(配合飼料に添加)が約60%、工業用(脂肪酸、石けん、塗料、インキ等の原料)が約17%、海外への輸出が約14%、燃料用(バイオディーゼル燃料、ボイラー燃料等)が約2%となっています。また、再生利用が困難であること等の理由で廃棄されている分が約7%あるものと思われます。

「UCオイルリサイクルの流れ(平成29年版)」を見る(PDF)

UCオイル(廃食用油)のリサイクルフロー。外食産業・食品工業等から発生したUCオイルは回収業者・再生業者を経て、飼料用、工業用、燃料用等にリサイクルされます。

 

廃食用油と廃棄物処理法

事業系から発生するUCオイルは取引形態や取引金額によってその性状が変わるものではないので、その取扱については廃棄物処理法に基づいたルールの中で行われなければ、不法投棄や水質汚濁につながる可能性が高いと考えます。

再生処理を終えたUCオイルは、適正に処理され安心して使える再生油として広く認知されています。

しかし、この枠組みの処理を終えていないものは、いかに有価で取引されているとしてもその性質上(不純物の除去や水分の除去等の処理が必要でありその費用を省みないで取扱われるものは)、廃棄物です。また、バイオディーゼル燃料などの自動車燃料用については、現在主流となっている技術では飽和脂肪酸量の調整や水分や天カス等異物除去の処理が必要であり、飲食店等から排出されたままの状態では原料として不十分で、たとえ有価で買い取られていたとしても、上記に記したことにより廃棄物の枠を越えるものではありません。

以上のようなことから事業系のUCオイルは処理前の段階においては実質すべてが産業廃棄物として処理することが求められています。

UCオイルリサイクルの手引き

当会は、UCオイルの適正処理とリサイクルを通じて地球環境保護に貢献するべく、UCオイルの処理方法の確立やリサイクル用途の開拓に努力してまいりました。

ところが最近、UCオイルに対する間違った情報による不適正な取り扱いや脱法行為まがいのリサイクルによって水質汚染・不法投棄などの環境破壊に繋がることが懸念され、また、環境負荷の少ないこれまでに構築された適正なリサイクルシステムが破壊され、悪貨が良貨を駆逐するような現象が起こっています。

適正なリサイクルは適正な処理の上に成り立っていることを認識していただくべく、このたび「UCオイル(廃食用油脂)リサイクルの手引き」を刊行しました。本書をご参考に、環境負荷を抑えた正しいリサイクルが遂行されることを切願いたします。

「UCオイルリサイクルの手引き」を読む(PDF)